たった一言の挨拶だけど

去年の夏、となりに引っ越してきた人と階段の踊り場ですれ違った。「こんにちは~」て声をかけたら無愛想だったけど「こんちは」って言ってくれた。
いつかの夕食の時にお父さんが「となりの人は愛想がないし挨拶をしないから気分が悪い」なんて言ってたけど、そんなに悪い人には見えなかった。むしろ爽やかに見えた。肌が透き通るように白くてスラッとしていて髪の色も自然な黒だった。挨拶は無愛想だったけど外見は好青年ってかんじ。夕食のときにお父さんに「となりの人挨拶してくれたよ」て伝えた。「どんな感じだった?」とお父さんも興味津々なかんじ。「わたしがこんにちは~って言ったら急いでたみたいでこんちはって笑ってなかったけど挨拶してくれたんだ~。爽やかなかんじに見えたよ~」お父さんにも良いイメージを持ってもらいたくて、自然とこんな言い方になった。お父さんもわかってくれたみたいで「そっか」と一言だけ呟いた。また挨拶出来るといいな。